セミナーレポート

【セミナーレポート】コロナ禍の営業活動を見直していかにして医師との接点を作るか 〜プロモーション資材の在り方の見直しと今こそできる有効活用〜
本資料の内容
コロナ禍で対面接触が敬遠されるようになった昨今、これまでのような情報提供活動ができないため、製薬企業様は今後医師との接点をどう作り上げていくかについて日々お考えかと思います。そのような課題を感じられている方に向けて、杏林大学医学部付属病院の若林様とMonthlyミクス編集長の沼田様をお呼びして、「コロナ禍の営業活動を見直していかにして医師との接点を作るか」と題したオンラインセミナーが2022年2月18日に開催されました。本レポートはそのセミナーの内容をまとめた資料です。「医療従事者と MRとのコミュニケーション課題」や「医療従事者から患者さんへの情報提供 最新事情」について現役の薬剤科長からお話いただきました。本レポートを通して、コロナ禍におけるプロモーション活動のヒントとなる情報をお届けします。
こんな人におすすめ
  • マーケティング部門の担当者
  • 学術関連部門の担当者
  • 印刷物を管理する部門の担当者
  • デジタル活用の推進担当者
トークセッション
  1. トークテーマ1. 医療従事者と MRとのコミュニケーション課題(MRに対して求めること)
  2. トークテーマ2. 医療従事者から患者さんへの情報提供 最新事情
  3. 理想的な情報提供をサポートするラクスルのサービスを紹介
  4. 大手製薬会社様のご活用事例を紹介
必 須会社名
必 須部署名
必 須役職
必 須
必 須
必 須お電話番号
必 須メールアドレス
必 須きっかけ
任 意お問い合わせ内容
・ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに沿って管理し、広告を含むご案内のメールをお送りする場合がございます。
・ラクスルと同じ業種や業態と思われる企業様からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
・商品に関するお問い合わせは こちら からお願いいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください

ラクスルは、企業の印刷・販促活動における
ベストプラクティスを提供し、コストの削減を実現します